さいたま新都心 北与野の歯医者 新都心アクアデンタルクリニック

クリニック紹介

徹底した院内感染対策

当院は、安心して診療を受けて頂くため、安全な環境づくりを徹底しています。
安全な診療環境は、心の不安を取り除きゆとりが生まれます。
小さなお子様からご高齢者まで、全ての患者さまが安心して最適な診療を受ける大前提として、院内感染対策に取り組んでいます。
どうぞ安心してご来院ください。

院内感染対策が大事な理由

感染対策が話題となっている理由

歯医者で使用する器具は、お口の中に入れて患者様の血液に触れたりすることがございます。その器具がウイルス感染の原因となり、院内感染が起きるという事例があります。
そんな中下記の記事にもあるように、歯を削る医療器具を滅菌せず使いまわししている歯科医院が約7割に上る可能性があること言われています。

清潔な器具 歯医者で使用する滅菌器には規格が設けられており、各歯科医院で滅菌のレベルが異なるのです。そのため、歯医者の院内感染対策の話題となっているのです。

まずは感染を防ぐこと

前述した通り、歯医者で使用する器具は、お口の中に入れて患者様の血液に触れたりすることがあるため、滅菌が不十分であると院内感染が起る心配があります。
ウイルス・菌には、インフルエンザウイルス、ヘルペスウイルス、結核菌、B型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルス、梅毒、HIVなどさまざまです。

治療で使うお口の中に入れる器具を清潔に保つことで、院内感染は防げます。
外側だけでなく、内側も確実に洗浄・滅菌した器具を使用し、患者さま毎に交換する必要があるのです。

滅菌のレベル・クラスの違い

歯医者で使う器具の滅菌には、通常オートクレーブ(滅菌器)という装置を使用します。
細菌やウイルスは130℃以上の高温の蒸気にさらされると、死滅できると言われていますので、その原理を利用し滅菌処理を行うのがオートクレーブです。
しかし、蒸気が当たらない場所がああったりしますと、その部分の菌は死滅しません。
滅菌器ごとで行える滅菌の範囲が異るため、滅菌のレベルはクラス別に分類させています。
最高基準はクラスB、その次がクラスS、クラスNの順となります。

滅菌のクラスと滅菌できる範囲

●クラスN
通常の多くの歯科医院で行われる一般的な滅菌方法です。
蒸気と空気の重量の違いを利用し、缶体内の空気除去を行います。
包装されていない固形器具に使用可能な滅菌器となります。

●クラスS
クラスNで滅菌可能な器具に加え、滅菌器のメーカーが指定した特定の器具の滅菌も行うことができます。滅菌前の1回、真空状態を作り、高圧蒸気滅菌を行います。

●クラスB
クラスBは、世界で最も厳しいヨーロッパの滅菌基準で最も高性能な滅菌器です。
あらゆる種類の器具の滅菌が可能です。

院内感染懸念 滅菌・消毒

歯科医院内での感染対策は当たり前と思われているかもしれませんが、以下のような記事が実態のようです。

2014年5月18日 読売新聞TOPには、こんな記事が…

読売新聞の記事

歯を削る医療機器を滅菌処置せず、使い回している歯科医療機関が約7割という可能性のあることが、国立感染症研究所などの研究チームの調査でわかった。と、公表されています。

2013年4月2日 日本歯科新聞には、こんな記事が…

HCVとHIV アメリカの歯科医院大規模な院内感染か
C型肝炎ウイルス(HCV)、エイズウイルス(HIV)に感染した患者が「歯科医院以外に感染経路は考えられない」とアメリカ・オクラホマ州保健当局に訴え、当局が3月28日、同州タルサで開業する歯科口腔外科医師スコット・ハーリントン氏の患者7千人に対し、血液検査を受けるよう勧告した。
日本歯科新聞社WEBページ引用

もちろん当院では、すべての患者さまに滅菌済みの器機を使用しています。
ご安心ください。

滅菌・消毒の流れ

当院は、徹底した滅菌を行います。

●診療に使用した器具は下記のように滅菌します。

AQESSで生成したソフト酸化水にて つけ置きすることで、 まずは除菌。

下矢印

超音波洗浄機にて 微細な隠れた汚れを落とす。

下矢印

滅菌パックに1人分ずつセットし、 高圧蒸気滅菌器にて滅菌します。

下矢印

殺菌灯のついた棚にて保管。

下矢印

患者様一人一人に 衛生的で安全な状態を 保っています。

●診療に使用した歯を削る道具(タービン等)は、下記のように滅菌します。

※まずはじめに当院のタービンは感染予防に考慮した機能を整えています。
ゼロサックバック機構により、唾液や血液の吸い込みを防止します。

滅菌した綿に AQESSで生成したソフト酸化水 浸した物で拭き取り。

下矢印

DACユニバーサルにて 通常の滅菌器では落としきれない汚れを 取り除き滅菌。
洗浄(水回路&外部)、注油、 そして 滅菌(内部&外部)

下矢印

患者様お一人お一人に 衛生的で安全な状態を保っています。

シロナの滅菌器

厳しいヨーロッパ基準と同じ衛生環境

シロナの滅菌器 当院では、ドイツシロナ社の滅菌器(DACユニバーサル)を導入しています。
1本ずつ隅々まで洗浄、滅菌されたハンドピース(歯の切削器具)やミラー、鉗子などを使用することにより、万全の院内感染対策を施しています。
滅菌先進国であるヨーロッパに準じた厳格な衛生環境の下、安全な治療をご提供します。

ゼロサックバック機構

感染予防に貢献するゼロサックバック機構は、給気停止時の切削粉や汚物の吸い込みを防止します。
ハンドピースへの給気エアーを止めた時、慣性でタービンが回り続け、サックバック(吸い込み)が起こります。
遠心力で加圧されたアンチ サックバック デフューザー内の空気を、ヘッド外に押し出し、サックバックの発生をゼロに抑えます。

ゼロサックバック機構

アルコール消毒剤に勝る消毒

ソフト酸化水生成器 手指や器具を徹底洗浄する、AQESSソフト酸化水生成器を導入しています。
ソフト酸化水は、強酸化水・アルコール消毒剤に勝る高い除菌力を持ちます。
一般的な強酸化水に見られる有効成分のガス化(塩素ガス発生)などの問題も少なく、優れた除菌力を発揮する弱酸性電解水です。
中性に近いpH値のため、体に優しく、金属類やその他の物質を酸化させる心配はほとんどありません。

滅菌前の器具・診察台表面の消毒に利用しております。
除菌する水による効果的な洗浄により、院内の衛生を保っています。

↑
PAGE TOP